//////////////////////////////////////////////////////////////////////
こんにちは兵庫@ばななです。

最近の不動産投資ブログの旬なネタはもっぱら
かぼちゃの馬車と仮想通貨ですね。

そこで今日は、かぼちゃの馬車事件について
自分なりの考えを書いてみたいと思います。

まず、かぼちゃの馬車事件のおおまかな概要はというと

高属性・高年収のサラリーマン、士業の方がスルガ銀行を利用して
スマートデイズが提供するシェアハウスをフルローンで購入し
さらに家賃保証のついたサブリース契約をスマートデイズとオーナーが
結び、オーナーは何もしなくても賃収が得られて、ウホウホ♡

という、夢のスキームです。

かぼちゃオーナーからすれば、フルローンだから手出しが不要
サブリース契約だから、管理の手間が不要
それなのに毎月お金が入ってくる、という契約内容であれば
確かに買いたくなるのもわかる気はします。

もっとも物件価格が1~2億円で、スルガへの返済や管理手数料など
差引きした純粋な手残りは月10万円あるかないかのようでしたから
年収にして120万円、そこから固定資産税、所得税など引けば
???という収入です。

今回の破綻となった原因は何かというと、もうこれは誰かのせいでは
なく関係全員の責任ですね。

まずはスマートデイズの責任。
シェアハウスを建築販売する利益だけに比重を置いて
入居率の向上に対する施策がほとんどなかったこと。
例えば入居募集のサイトを自社サイトに限定するなどです。
こうした経営判断の誤りが、自転車操業への道を加速したのではないでしょうか。

そしてオーナーの責任。
とにかく他人まかせで、不勉強。
さらに言えば欲の皮が突っ張っているがゆえの自滅。

最後にスルガ銀行。
これはどうでしょうか、個人的には特に問題はないかと思いますが。
確かに他行に比べて高金利ではありますが、あくまで他行に比較しての
話だし、場合によっては貸し倒れになるリスクを背負っての融資なので
条件が合わないと思えば、借りなければいいだけの話です。

こうして見ると、今回の事件は詐欺とかではなく、単に間違った
経営判断をスマート社とオーナーがしていただけのように思いますね。

間違えたことは仕方がないので、じゃこれからどうするかという話ですが
かぼちゃの馬車オーナーに残されている道は3つです。

①自己破産する
②損切り売却する
③自主管理に切り替えて、自分で細々と運営する

士業オーナーだと①をすると本業の業務が出来なくなるので
②③しか道はありません。

もし自分が当事者であれば、どうするかというと
まず物件によって高稼働の物件と低稼働の物件があるようなので
一概には言えませんが③を選択すると思います。

かぼちゃの馬車だけに依存しているから毎月の手出しが100万とかに
なるわけだから、ここで撤退せずに今度はしっかり不動産投資を勉強して
負けない物件を仕込んでいって、その物件からの収入を損失の補填にする
のがベストかなと思います。

今回、かぼちゃオーナーは不動産投資に失敗してますが
そもそも失敗とは、自分でそれを失敗とみとめたときに失敗になるんであって
成功への一つの過程と考えれば、トータルでは失敗にはなりません。

つまり

失敗か成功かは、誰か他人に決められることではなく自分で決めることなんです。

かぼちゃの馬車で大きな損失を出したからこそ
そこから一念発起して、最終的には成功したということは十分ありえます。

そういう意味では

今回の事件当事者は大きなチャンスとも言えます。
人のマインドセットなんて、大きな事件や精神的なショックがないと
なかなか変わらないですからね。

かぼちゃ事件で失敗したことが問題の本質ではなく
その失敗を今後、どう生かせるかが問題だと思います。





人気ブログランキングへ





スポンサーサイト
この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請
この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請
この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請
この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請
Powered By FC2ブログ. copyright © 2018 兵庫に住んでる競売大家さん all rights reserved.
プロフィール

兵庫@ばなな

Author:兵庫@ばなな
兵庫に住んでます。
兵庫で不動産投資を実践中!

FC2カウンター

Amazon.com